社長様と二人三脚で「儲かる会社づくり」をサポートします。税理士法人いちがや会計
市ヶ谷駅より徒歩3分の会計事務所 <MAP>  Tel:0800-222-8818 Fax:03-5211-8611 E-mail:ichigaya@ichigaya-kaikei.com
サービス料金表契約までの流れお問い合わせFAQ事務所概要


事務所通信





いちがや通信2016.8
 

ペット初体験  佐藤美穂子


涙の別れ


今まで生きてきて一度もペットを飼ったことがないのに
友人のワンちゃんを預かることになりました。


どうなることかとハラハラドキドキでしたが
先日無事に本当の飼い主のもとへ帰っていきました。


別れるときは、本当に寂しくて泣いてしまいました。


知人に
「10日も一緒にいたら離れ難くなる」
といわれても半信半疑だったのですが、
食事を与え、散歩に連れて行き、
夜一緒に寝たり、遊んだりするうち、
こちらにもなついてくれて、
本当にかわいく、
いとおしく感じるようになりました。


パセリ(ペットの名)がいなくなった今は、
家族みんなが「パセリロス」に陥っています。


また、散歩に連れて行ったとき、
ワンちゃんを連れた者同士の
ちょっとした交流があったりして、
そんなことも新鮮でした。


ペットショップにいくことが趣味になりそうなので
いつかどこかで「出会い」があれば、
連れて帰ってこようと思っています。



ペットと税金


さて、ペットを飼っている人にとって、
犬や猫は大切な家族の一員。


ドイツ、スイスなど世界には住民税ならぬ
「犬税」を課される国もあるようです。

犬税は飼育している犬一頭あたりに課せられ、
ドイツのある都市では1年あたり
1頭約1万円の負担となっています。

犬税の使い道は、
糞尿などの汚れに対する
清掃費用などに使われるそうです。


日本では、江戸時代の5代将軍徳川綱吉の
「生類憐みの令」が有名ですが、
増えてしまった野犬の保護のため、
犬税が飼い主に課されていました。


実はその名残なのか昭和57年まで
地方税として課税されていた市町村があるそうです。


2014年には大阪泉佐野市で「犬税」の導入が
検討されていましたが成立にはいたりませんでした。


ペット税が課されるようになる日も
そう遠くないかもしれません。


ちなみに明治時代に京都府と群馬県では、
特定の犬種に対して高い税率を設定していました。


その犬種は「狆(ちん)」。



上流階級や花柳界で
近世からさかんに飼育されていた小型犬で、
愛玩犬の代表格だったことから、
京都と群馬で狙い撃ちされたそうです。












 
                                  >>>バックナンバー
このページのトップに戻る
いちがや会計にお任せください!

いちがや会計にお任せください!
税理士法人 いちがや会計
〒102-0076 東京都千代田区五番町6 グレイス五番町ビル3F<MAP
Tel:0800-222-8818 Fax:03-5211-8611 E-mail:ichigaya@ichigaya-kaikei.com
個人情報保護方針について
Copyright 2007-2009 ichigaya-kaikei All Rights Reserved.