社長様と二人三脚で「儲かる会社づくり」をサポートします。税理士法人いちがや会計
市ヶ谷駅より徒歩3分の会計事務所 <MAP>  Tel:0800-222-8818 Fax:03-5211-8611 E-mail:ichigaya@ichigaya-kaikei.com
サービス料金表契約までの流れお問い合わせFAQ事務所概要


事務所通信


いちがや通信 2015.12
 



 2015年を振り返って  by 佐藤美穂子
   


 はやいもので2015年も残り1ヶ月となりました。
 皆さんにとって2015年はどんな年だったでしょうか。
 今年一年の出来事を振り返ってみたいと思います。
   


「いったいどうなっちゃってるの?」


そう思ってしまう出来事が今年もたくさんありました。
ありすぎて日常の一部になっているような気さえします。


ますはオリンピック関連。

エンブレムと新国立競技場の建設計画が白紙撤回されました。

エンブレムの盗用疑惑。
7月に正式決定したエンブレムはポスターもすでに貼られていたのに
取り外すという前代未聞の事態になりました。

一体どれだけの税金が無駄になったのでしょうか。

そして新国立競技場。

建設にかかる費用に関して迷走を続け、最終的には安部首相のツルの一声で
白紙撤回。

仮にも大の大人、それもそれなりの知識と経験を持った人たちが集まって
計画を進めていたはず。

エンブレムも競技場も最終決定は来年に持ち込まれることになりそうですが、
今度こそ、国民が納得できるカタチにおちついてほしいです。


企業の不祥事もありました。

東芝の不正会計、VWの排気ガス不正、
そして三井不動産レジデンシャル・三井住友建設・旭化成関連会社による
マンションの杭打ち問題。

いずれも日本を代表する、あるいは世界的な大企業ばかりです。

不正が日常的におこなわれていたとすれば、
感覚が麻痺してしまっているとしかいいようがありません。

組織というものは、長い伝統があるほどそれまでの慣習を変えることが
難しくなるといわれています。

今まで問題がなかったから大丈夫だろうと現状にあぐらをかいていれば
組織や職場は固定化されてしまうと思いますし、
危機感がないのが危機につながる、とそんなことを感じました。



「爆買い〜外国人観光客が大幅増」


今年10月の時点の訪日外国人観光客の数は1631万人に達しました。
前年同月比43.8%増です。
9月の時点で過去最高だった2014年1年間の1,341万人を超えたそうです。

そんな中、話題になったのが中国人観光客による「爆買い」。

いや、ほんとにスゴイ。

大きなカートに山積みになった量には驚きました。

日本人がバブル全盛のころ、欧米でブランド物など買い漁っている姿が
海外のメディアにとりあげられていましたが、
「爆買い」に比べたらかわいいものでした。

爆買いの対象は化粧品、薬や家電など、主に日本の日用品。

普段何気なく使っているものですが、爆買いされるのは良質で
あることの裏返しだと感じました。

中国人観光客1人あたりの消費額は外国人平均8万円を上回る約23万円とも。

この爆買いが日本にもたらす経済効果は相当大きいのですが、
いつまで続くが心配です。

中国景気の減速、先行き不透明感は以前から懸念されていますが、
今年の8月には世界同時株安となって現れました。

来年も引き続き中国経済は懸念事項となりそうですし、
日本経済はいつまでも爆買い頼みとはいかないようです。



「結婚ラッシュ」


ちょっとミーハーな話題でスミマセン。

9〜10月には芸能界は結婚ラッシュに沸きましたが中でも女性の間で
ビック(ショッキングな?)ニュースだったのが福山雅治の結婚。

私は大ファンではないのですが、それでも、第一報を聞いたときは
「えー?!誰と??」と思いました。

福山雅治は大変プロ意識が高く、ガードが固いので今までにツーショットを
取られたことが一度もないとか。

それだけファンを大事にしているということだと思います。

残る大物独身俳優は誰でしょうね。
(俳優ではありませんが、個人的には、小泉進次郎が誰と
結婚するのか興味あります・・・。)



「どうなる、軽減税率」


消費税10%引上げ時の軽減税率導入は与党の公約でしたが、
どういう形で導入するか、議論が行き詰っているようです。

9月には財務省案としてマイナンバーカードを使って買い物を
したあとで一括払い戻し、という案が示されましたが、
「番号が漏洩するおそれがある」
「老人や要介護者など還付の手続きを受けられない人がでる」等々、

大きな反発の声があちこちから上がり、
あらためて検討し直すことになりました。

主な論点は、対象品目の範囲設定、財源、事務負担の増大の3つ。

なかでも私たちに大きく影響するのは事務負担が増えることです。

財務省の還付案が白紙撤回された今、国が軽減税率導入にあたって
必要不可欠としているのが「インボイス方式」の採用です。

これが、会社の負担を大きくさせるといわれていて、
日本税理士会連合会を始めさまざまな立場の団体が反対の声を寄せています。

10月には自民党税調が刷新されましたが、課題は山積しており、
今後も難航が予想されます。

まだまだ議論は続きそうですが、2017年度の導入に果たして間に合うのでしょうか。




以上、私の独断で今年あった出来事を取り上げてみました。


ラッスンゴレライ、あったかいんだから〜、
火山の噴火・鬼怒川の堤防決壊などの自然災害、
ウェラブル端末、安保法案成立、
お笑い芸人の又吉直樹さんが「火花」で芥川賞受賞、
マイナンバーの通知、
五郎丸フィーバー、
パリの同時多発テロ・・・

なかにはすでに懐かしさを感じるものもあります。


何はともあれ、今年もなんとか無事に終えることができることに感謝したいと思います。

一年間どうもありがとうございました。

来年も引き続き、いちがや会計をどうぞよろしくお願い申し上げます。






>> バックナンバーヘ
このページのトップに戻る
いちがや会計にお任せください!

いちがや会計にお任せください!
税理士法人 いちがや会計
〒102-0076 東京都千代田区五番町6 グレイス五番町ビル3F<MAP
Tel:0800-222-8818 Fax:03-5211-8611 E-mail:ichigaya@ichigaya-kaikei.com
個人情報保護方針について
Copyright 2007-2009 ichigaya-kaikei All Rights Reserved.